スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)

 東北楽天イーグルス前監督の野村克也氏が24日、自民党大会でゲストとして講演し、「私は『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』と言い続けてきた。勝っては反省はあまりしない。そこに落とし穴があったのではないか」と述べて、長期政権にあぐらをかいてきたことが自民党の「敗因」と解説した。

 そのうえで「恐らくみなさんは(プロ野球の)巨人の心境だったと思うが、上に立てば必ず足を引っ張りにくる人たちがいる。気を引き締めて捲土(けんど)重来、頑張ってください」とエールを送り、会場から盛んな拍手を浴びていた。【木下訓明】

子育て支援策 「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増(毎日新聞)
昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(読売新聞)
西武有楽町店閉鎖 後継テナントいるのか(J-CASTニュース)
<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)
国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)
スポンサーサイト

党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は24日午前のフジテレビの番組で、自身の政治活動について「国民から拒否された古い自民党のままいっていいという人たちが(党内の)マジョリティーなら、われわれが出るしかないじゃないか」と述べ、夏の参院選前に打ち出す経済政策などの提言が党改革に反映されない場合は、離党もあり得るとの考えを示した。
 ただ、「今、党の中で一生懸命努力している。まず自分の力、自分の言ってることがマジョリティーを持つように全力を挙げて努力することが大前提だ」と述べ、当面は党内にとどまり自民党再生に取り組む考えを強調した。 

「何ですか警察は怖いですしね」菅家さん自白の心境 (産経新聞)
文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練(産経新聞)
<訃報>佐古一さん94歳=元大成建設社長(毎日新聞)
統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)

新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり(産経新聞)

 島根県の名物「出雲そば」や魚、肉料理の薬味にぴったりの「出雲おろち大根」が新開発され、出雲地方で栽培が広まっている。宍道湖岸や斐伊川土手などに自生する小型のハマダイコンを品種改良した極辛大根で、初収穫した出雲市佐田町の森山太史さん(43)は「全国に通じる新しい薬味野菜になる」と期待している。

 同大根の生みの親は、島根大生物資源学部の小林伸雄准教授(41)。

 7年前、地元住民が島根半島浜辺でハマダイコンの種を採って育て、出雲そばの薬味としているのを知り、すぐ同大農場で試験栽培に乗り出し、辛みの強い大根を選抜しながら品種改良を重ねた。

 水分が少なく、すり下ろしてもさらさらの本来の特徴を損なわず、6年かけて長さ約20センチ、直径約7センチまで大きくすることに成功。県内生産限定を条件に2年前から種を生産者に分け、今では10人余りが本格的に栽培している。

 脱サラして特産品販売を手掛ける森山さんは昨年9月、約4アールの畑に種をまき、草取り、害虫退治に苦労しながら大切に育てた。年明けからは、ヒゲ根を横に張った「出雲おろち大根」を収穫。地元産の食材にこだわっているそば店や日本料理店で、1本200円前後で販売している。

 森山さんは「普通の大根と違って食材やつゆが薄くならないので、素材の風味をより引き立てます。作ってみて自信がもてました。全国に流通させるには量も必要なので、生産仲間を募りたい」と話している。

【関連記事】
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 
出雲-下関、7万無賃乗車 詐欺容疑で男を逮捕
王朝絵巻再現 京都・八坂神社で「かるた始め」
正しい「初詣で」 どこへ、何日までに行けばいい?
新年を前に、井戸を清める「御饌井祭」 出雲大社

<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)
ほかにも男2人が関与か=11年前の男性殺害-宮城県警(時事通信)
<なべ漁場>岩手側で合意 青森の漁業者と新たなすみ分け案(毎日新聞)
豊島区が「がん対策本部」 検診受診率アップ目指す(産経新聞)
稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)

石川議員の手帳にホテル名、「水谷」面会裏付け?(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が押収した元同会事務担当者の石川知裕衆院議員(36)の手帳には、中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県)の元幹部らが石川容疑者に5000万円を渡したとする日の欄に、授受の場所とされるホテル名が記されていることがわかった。

 逮捕された石川容疑者ら3人は25日に10日間の拘置満期を迎え、特捜部はさらに拘置延長を請求。東京地裁は2月4日までの拘置を認める決定をした。特捜部は水谷建設からの現金授受や小沢氏の関与などについて、石川容疑者らを追及し、全容解明を目指す。

 拘置の延長が認められたのは、石川容疑者のほか、同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)、石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智容疑者(32)。

 水谷建設の元幹部らは、特捜部に対し、陸山会が土地を購入した2004年10月29日に先立つ同15日に、東京都港区のホテル内の喫茶店で5000万円を石川容疑者に手渡したと供述。その次の銀行営業日である同18日に、石川容疑者が陸山会の銀行口座に同額を入金し、土地代金に充てられた4億円の一部になっていたことが判明している。

 関係者によると、特捜部が押収した手帳には、10月15日の欄に、このホテル名が記されていた。石川容疑者は現金の受領を否定しているが、特捜部はこの手帳の記載を、10月15日に石川容疑者が水谷建設の当時の幹部と面会したことを示す証拠の一つとして重視しているとみられる。

 小沢氏は23日の特捜部の事情聴取で、「収支報告書の作成については秘書に任せ、報告を受けたことはない」と虚偽記入容疑への関与を否定し、水谷建設を含むゼネコンからの資金提供も「不正な金は一切受け取っていない」と説明した。

 石川容疑者ら3人の拘置延長が認められたのを受け、国会法の規定に基づき、内閣が衆院議長に、石川容疑者の拘置期間を延長したことを通知する。

<志位委員長>「天の声より民の声聞け」と民主党批判(毎日新聞)
<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
<火災>民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎(毎日新聞)
半日後にがれきから遺体 女性はねた容疑で男逮捕(産経新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)

<火災>住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮(毎日新聞)

 22日午後10時15分ごろ宇都宮市川田町、会社員、奥田英喜(ひでき)さん(47)方から出火、木造2階建て住宅約165平方メートルを全焼した。焼け跡の1階寝室付近から男性とみられる遺体が見つかった。栃木県警宇都宮南署は、連絡の取れない奥田さんの父春義さん(76)とみて確認を急いでいる。奥田さんの妻千恵さん(45)も足などに軽傷を負った。

 同署によると、奥田さん宅は5人暮らし。近くの住民が発見、119番した。春義さんは足が不自由だったという。同署が出火原因を調べている。【松本晃】

【関連ニュース】
火災:中学で授業中にボヤ 不審火か 愛知・尾張旭
火災:住宅全焼 16歳、12歳の姉妹焼死 千葉・市原
火災:住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田
火災:前橋で住宅全焼 59歳男性?死亡
火災:民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎

再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)
小沢氏続投に意欲「信念貫き仲間と一緒に」(読売新聞)
バイク集団追跡のパトカー衝突、高校生2人重傷(読売新聞)
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕(産経新聞)

<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)

 大手ハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」(本社・東京都新宿区)の社員だった男性(当時25歳)が勤務中に倒れ急性心機能不全で死亡したのは過労が原因として、横浜市に住む母親が、労災と認めなかった川崎南労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟で東京地裁は18日、労災と認定する判決を言い渡した。渡辺弘裁判長は「相当長時間の自宅でのパソコン作業も含め、業務と発症に因果関係がある」と述べた。判決によると、男性は川崎市内の店舗に勤務していた00年11月7日、正午からの通常勤務後、翌朝5時半まで清掃会社の作業に立ち会い、8日正午に再び出勤して倒れ間もなく死亡した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
グルメ杵屋:店長過労死認め賠償命令…大阪地裁
石綿防護マスク:42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ
記者の目:労組は社会連帯の要たれ=東海林智
高次脳機能障害:患者の1割、画像所見得られず 医師調査
マクドナルド:まさにアメリカン!ビッグアメリカ4商品、店舗限定で先行販売 8日から

<虚偽記載容疑>3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り(毎日新聞)
<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
芥川賞・直木賞 選考経過(産経新聞)
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」(産経新聞)
<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)

「小沢先生へ 畳の部屋」=4億円返済、手帳に記載-元秘書、捜索で押収・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、元私設秘書池田光智容疑者(32)が「小沢先生へ 畳の部屋」と、2007年に小沢氏宅へ4億円を運んだ状況を記した手帳を、東京地検特捜部が押収していたことが22日、関係者の話で分かった。
 池田容疑者は、この4億円を陸山会の口座から引き出したのに、同会の収支報告書に記載しなかったことを認めているが、小沢氏の関与は否定。特捜部は23日に行われる事情聴取で、虚偽記載についての小沢氏の認識をただすとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<鳩山首相>「小沢氏聴取判断、ご自身で」(毎日新聞)
鳩山首相「日米中、正三角形ではない」(産経新聞)
<産業ガス販売>カルテルの疑いで十数社立ち入り 公取委(毎日新聞)
石川氏逮捕は不当=民主・石井氏(時事通信)
11月機械受注、11.3%減=2カ月連続で縮小(時事通信)

<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)

 徳島県鳴門市の大塚国際美術館で15日から行われた第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、同美術館、大塚ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)は16日午後7時1分、117手で挑戦者の久保利明棋王(34)が羽生善治王将(39)を破った。残り時間は久保4分、羽生2分。第2局は28、29日、栃木県大田原市のホテル花月で行われる。

【関連ニュース】
【棋譜で振り返る】王将戦第1局の全局面
将棋:久保が桂得 羽生反撃 王将戦第1局
将棋:初日から激戦に突入…王将戦・第1局
将棋:久保が三間飛車 王将戦第1局
将棋:王将戦開幕 久保が先手番

<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)
予算繰越制度の運用改善=使い切り慣行を排除-財務省(時事通信)
<鳩山首相>アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
温灸器「どんな病気にも効く」販売の会社捜索(読売新聞)
捜索で議員会館から段ボール40箱=鹿島本社、小沢氏事務所も-東京地検(時事通信)

不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)

 三重県松阪市はこのほど、指定管理者として市の認知症グループホーム施設「グループホームいいたか」を運営する「社会福祉法人いいたか」が、介護報酬を不正に受給していたとして、7月1日付で指定を取り消すと発表した。

 市によれば、同法人はグループホームに介護支援専門員を配置していると偽り、実際は資格を持たない介護計画の作成担当者が2ユニット、18人分の利用者の介護計画をすべて作成していた。さらに、計画作成担当者が不在の期間もあったという。
 グループホームの運営基準では、ユニットごとに計画作成担当者を置く必要がある。また、2ユニットの場合はそのうち1人は介護支援専門員を充てなければならない。

 市は同法人に対し、社会福祉法人となった2008年1月から09年7月までの不正受給分と課徴金合わせて約8043万円の返還を求める。また、今年7月1日付で同施設のグループホーム指定と同法人の指定管理者指定を取り消すまでに、新たな指定管理者を選定する方針だ。


【関連記事】
介護給付費不正請求で指定取り消し―奈良
不正請求で通所介護事業所指定取り消しへ―東京
介護報酬の不正請求で指定取り消し-静岡の2法人
鳥取の社会福祉法人で10億円の資金流出
虚偽の指定申請などで介護事業所の指定取り消し―東京都

「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開-ソマリア沖(時事通信)
<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
<石川議員逮捕>鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)
<消防職員>団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省(毎日新聞)
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)

地盤ならではの団体? 「作る必要があったのか」裁判官が質問(産経新聞)

 【小沢氏秘書 第2回公判】(9)

 《裁判官による西松建設元総務部長兼経営企画部長に対する質問が続く。民主党の小沢一郎幹事長の秘書、大久保隆規被告(48)は、目を伏せて静かに聞き入っている》

  [表]西松建設側から受けた資金提供側には小沢氏のほか二階派などがリストアップ

 裁判官「話は変わりますが、(西松東北支店の下請け業者の献金団体である)松和会についてです。松和会は、政治献金のために作られた組織なのですか」

 証人「目的は非常にあいまいです。私は『メンバーを集めてくれ』といわれたので、メンバーを集めて、会則に各社の名前を入れて…。献金団体なのか、何なのか…。私は立ち上げただけで、その先は深くタッチしていません」

 裁判官「松和会のパーティーを、全日空ホテルで開催しましたね。あなたも参加したということでした。これは年に1回、開いていたのですか」

 証人「年1回か、年2回くらい。毎年かならず開くわけではありませんでした」

 《ここで裁判官は、検察側が西松建設のダミー団体と主張する「新政治問題研究会」(新政研)と「未来産業研究会」(未来研)に質問を転じた》

 裁判官「新政研や未来研でもパーティーを開催していましたか」

 証人「分かりません。タッチしたことがないので」

 裁判官「証人が東北支店にいたとき、支店長、副支店長の指示で、松和会を作ったということですが、背後には本社の指示があったのですか」

 証人「いや…。当然、作ることについては、本社の了解を求めたとは思いますが…。本社の指示とは聞いていません。黙ってやって問題になってはいけないので、了解を求めたのではないかと思います。ただ、これは推測です」

 裁判官「東北以外の支店で、下請け会社を集めた献金目的の会は他にありましたか」

 証人「ちょっと、そういう献金目的の会が、他にあったのか…。管理本部長なら聞いていたかもしれませんが、私は他の支店の事例は知りません」

 裁判官「耳に入ってこなかったと」

 証人「入ってこなかったですし、あまり協力(下請け)会社に、その…。私はそういうのに関わると、カネの補填(ほてん)とか、問題が出てくるので、直接やってくださいと(下請け会社などに言っていた)。他の支店でやっていたとは思えません」

 《「カネの補填とか問題」の意味ははっきりしないが、証人は下請け会社の献金が滞った場合に西松が穴埋めを求められることを恐れていたと言いたいようだ》

 《検察側は、東北地方の公共工事では、小沢事務所が絶大な影響力を発揮したと主張している。松和会のような組織が、なぜ東北支店にあったのか。裁判官ははっきりさせたいようだ》

 裁判官「では、東北支店が、そういう会を作る必要性はあったのですか」

 証人「支店長が、どういう判断で行ったのか…。そこまで私は関わっていません」

 裁判官「小沢事務所は東北に基盤がありますね。それと(松和会のような団体ができたことは)関係あるのですか」

 証人「分かりません。そこまで詳しくは…」

 裁判官「証人は、東北支店に請求書が来たとき、コピーを取っておいて、原本を本社に持っていっていますね。誰に持っていったのですか」

 証人「(当時の)事務本部長の国沢(幹雄元西松建設社長)にです」

 裁判官「支店長ではなく、次長のあなたが直接、事務本部長とやりとりしたのはなぜですか」

 証人「『事務の窓口になってくれ』といわれてやったので。それ以外の理由は思いつきません」

 裁判官「次長が事務本部長と直接、やりとりするのは珍しいことですか」

 証人「上同士で、『手続きは事務担当の次長にやらせます』と言っていると思います」

 《ここで裁判官は「終わります」と告げ、尋問を終えた。大久保被告が顔をあげ、手で鼻のあたりをぬぐった。弁護側と検察側の双方が、再尋問を行いたいと申し出て、ここは検察側が「どうぞ」と弁護側に順番を譲った》

 弁護人「新政研と未来研は解散していますが、解散手続きなどに関与はしましたか」

 証人「(献金窓口だった総務部長などを)退任した後なので、一切関与していません」

 弁護人「西松建設側の人で、解散手続きに関与した人を知っていますか」

 証人「退任した後なので…。分かりません」

 弁護人「付き合いがあった相手先へのあいさつ状などは出しましたか」

 証人「退任した後なので、分かりません。やったのかどうか」

 《弁護側はこれで尋問を終えた。続いて、検察側が2度目の尋問を始めた》

 検察官「確認ですが、新政研、未来研は献金の団体ですね。収入源は一つは会費、もう一つは何ですか」

 証人「パーティー収入です」

 検察官「会費は、会員の西松社員が支払っていたのですね」

 証人「ほとんどそうだと思います」

 検察官「あなたが把握している範囲内ではどうですか」

 証人「私は社員しか(会員だった人物は)知りません。個別にだれが会員かについては、興味がありませんので(知りません)」

 検察官「(西松建設の)人事部長が(どの社員が会員かを)知っていたということですが、なぜ人事部長が知っていたのですか」

 証人「(会員になる)成績優秀者の名前を、人事から聞いてやっていたので」

 検察官「人事部で成績優秀者をピックアップして、(会員にした上で)賞与を上乗せしていたと?」

 《西松は、会員の社員が支払った会費について、ボーナス(賞与)を上乗せして穴埋めしていたという。この『賞与上乗せ』について、検察官が触れようとする。しかし、ここで弁護側が大声で異議を唱えた。主尋問で触れなかったのに、再尋問で持ち出したのが『ルール違反』だと主張しているようだ。検察側も反論し、言い合いとなる。登石郁朗裁判長は苦笑を浮かべながら、左右の裁判官に顔を寄せて何か相談している》

 裁判長「ちょっと、いったん相談します」

 《3人の裁判官は背後の控室に入り、公判は一時、中断状態となった。座り疲れたのか、大久保被告は背中側で手を組み、少し伸びをした。その後はうつむいて目を閉じている》

    =(10)に続く

【関連記事】
小沢氏側に公金9億円 解党2党の残金“独占”
大久保被告の追起訴を検討、19年の4億円移動めぐり 陸山会不動産購入
小沢“金脈”どこまで迫れるか 石川知裕議員から事情聴取
元秘書起訴 首相の政治責任は明白 「脱税」の疑い徹底解明せよ
検察攻勢で小沢致命傷? 特捜VS法務省の内部抗争説も

小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長(産経新聞)
<独立行政法人>役員公募に統一基準作成を 官房長官が指示(毎日新聞)
大阪モノレール一時運休(産経新聞)
沖縄に内閣分室の設置検討=普天間で地元との連絡緊密に-政府(時事通信)
災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)

陸山会土地取引 強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、東京地検特捜部が強制捜査に乗り出したことで、この問題は新たな局面に入った。家宅捜索先には、小沢氏の秘書を務めた石川知裕衆院議員(北海道11区)の議員会館事務所も含まれ、18日召集の次期通常国会を控えて政府・与党内には国会運営への影響を懸念する声が強まっている。野党側は小沢氏の議員辞職勧告決議案の提出も視野に徹底追及する方針だ。

 小沢氏は13日夜、名古屋市内のホテルで開かれた民主党愛知県連主催のパーティーであいさつし、「私の政治団体のことで大変、ご迷惑をおかけした」と陳謝した。一方で「私どもは決して法に触れるようなことをした覚えはない。(これまでの自分の説明を)国民は理解してくれたからこそ、政権を与えてくれた」とも強調した。

 ただ、東京地検が強制捜査に踏み切ったことに、民主党幹部は驚きを隠せない。小沢氏は12日の記者会見で、「国民に大変ご迷惑、ご心配をおかけし、大変申し訳なく思う」と強調。これまでの検察批判を控えて低姿勢ぶりが目立っただけに、党幹部も「まだ何も聞いていない」(高嶋良充参院幹事長)など戸惑う発言が相次いだ。

 野党側は「証人喚問や参考人招致などできる手段を駆使して、真相解明に迫りたい」(自民党の谷垣禎一総裁)などと批判のトーンを強めた。鳩山由紀夫首相の虚偽献金事件もあり、共産党の志位和夫委員長は静岡県熱海市で「民主党は党として自浄能力を発揮すべきだ。党代表と幹事長が疑惑を問われている」と批判した。

 鳩山首相は13日夕、首相官邸で記者団に対し、東京地検特捜部の家宅捜索について「検察が判断してこういう行動に出たということだから、私から今、コメントをする立場ではない」と述べるにとどめた。前原誠司国土交通相は「検察が判断されてやられたことなので、判断を尊重したい」と指摘した。

【関連ニュース】
陸山会土地取引:小沢氏側関係先を捜索へ 石川議員再聴取
陸山会土地購入:石川氏2.8億円「寄付なかった」
陸山会不透明会計:土地取引、小沢氏が選定に関与か
陸山会資金移動:不記載17億円 05、07年にも
陸山会資金移動:小沢氏に聴取要請へ 東京地検

社債購入、要注意 「元本保証」「途上国支援」 業者雲隠れ 持ち逃げ被害も(産経新聞)
女高生に下半身露出=容疑で23歳男逮捕-警視庁(時事通信)
雑記帳 「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
<麻生前首相>「混乱の度過ぎる」 新春の集いで政権批判(毎日新聞)
ハイチに医療チーム=政府(時事通信)

【揺らぐ沖縄】名護市長選告示まで1週間 容認でも反対でも普天間に「壁」(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題。日米合意で普天間の移設先となっているキャンプ・シュワブ沿岸部を抱える名護市で市長選(17日告示、24日投票)が迫ってきた。基地移転の容認か、反対か。政府が掲げる5月の最終決着に向けて、選挙結果はどう影響するのか。(大谷次郎、宮下日出男)

                   ◇

 ◆平野長官に反発

 「知事…。私の方も知事の決断をお願いするかもわかりません」

 9日午前。沖縄県庁6階の知事応接室では仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と向かいあっていた平野博文官房長官が突然、こう切り出した。

 政府の迷走にすっかり「県外移設論」に傾いていた知事は一瞬凍り付いた。

 政府の最終結論は、知事が否定する「県内移設」かもしれない-。平野氏の発言をサインだと理解した知事は「恐ろしいですね…」とつぶやいた。

 知事は記者団には不満をあからさまにした。「県外とばかり思っている。『あれ?』という思いが強い」。新候補地をめぐる意見交換のために沖縄入りした平野氏。だが、県内移設が当然かのように米軍伊江島補助飛行場(伊江村)や下地島空港(宮古島市)を視察する姿に知事は反発した。

 平野氏は同日夕、記者団に発言の真意を聞かれ「これで決めたから(知事に)のめという意味ではない」と語ったが、政府と沖縄の温度差は広がるばかりだ。

 ◆推進には「覚悟」

 名護市長選は、移設受け入れ容認派と反対派の一騎打ちの様相だが、過去3回は容認派候補が当選した。今回も現職市長が再選を果たせば、キャンプ・シュワブ沿岸部がある同市辺野古に移設する案が、再び現実味を帯びるはず…。

 だが鳩山政権ではそう簡単ではない。社民党は「辺野古は自然の宝庫」(阿部知子政審会長)と断固反対で、民主党の小沢一郎幹事長も「沖縄のきれいな海を汚してはいけない」と繰りかえす。選挙結果を受け入れにくいムードがある。

 防衛省の長島昭久政務官は9日、拓殖大学海外事情研究所主催のシンポジウムで「市長選の結果が(辺野古案)推進の方向に出ても実行には相当な覚悟と困難を伴う」と指摘する。県外移設の期待が高まる中で辺野古移設を進めれば、反対派が建設阻止行動を激化させかねないからだ。

 移設反対派が勝てば当然、辺野古案はダメージを受ける。

 5日から訪米した自民党の石破茂政調会長も、キャンベル国務次官補ら米政府高官から「反対派が当選した場合は」と何度も聞かれた。そのたびにこう答えた。「『これが民意』ということが決定的になる」。辺野古移設に反対する新人候補が当選すれば、政府は新たな移設先の検討を加速せざるを得なくなる。

 ◆検討済みばかり

 新たな移設先には伊江島、下地島のほか、社民党が主張する米領グアム島、硫黄島(東京都小笠原村)がある。だがいずれも過去に検討され、米側と合意できなかった案ばかりなのが問題だ。

 「あらゆる案を十分に検討してきた」。米政府が現行案に固執するのは、一連の案が決して「新しくない」からだ。岡田克也外相もそれを痛感している。「米国は3月だろうと、5月だろうと、その先だろうと(現行案を)言い続けるだろう」。政府が新たな移設先を決めても、米側が拒否する可能性が高い。

 長島氏は9日のシンポジウムで、こう語った。

 「現行案より良い案が出てこない限り、米国は受け入れることはない。ということは、いまの普天間飛行場の危険性は継続する…」

店長のけが2週間に訂正…黒田容疑者の傷害事件(読売新聞)
<鳩山首相>台湾総統から親書 経済交流拡大を(毎日新聞)
谷川岳で男性遭難か(産経新聞)
<銀座貴金属店窃盗>中国人2人を拘束 香港で被害品所持(毎日新聞)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)

<閣僚>担務を変更 財務相交代などに伴い(毎日新聞)

 政府は12日の閣議で、財務相の交代や国会対応に伴う担務の変更を決めた。「成長戦略」は財務相に就任した菅直人副総理が引き続き担う一方、その他の菅氏が担当していた地球温暖化対策や雇用対策などは仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相の担務となる。また防災担当を現在の前原誠司国土交通相から中井洽国家公安委員長にかえる。【横田愛】

【関連ニュース】
サッカー:政府、北朝鮮チームの入国許可へ
米兵ひき逃げ:国家公安委員長に怒りの声伝える…読谷村長
国家公安委員長:新宿・歌舞伎町の夜を視察 警官を激励
死因究明制度:10年1月に研究会発足 警察庁
拉致対策本部:脱北者から聞き取りへ 民間スタッフ起用

r7ibk212のブログ
f5h33m1kの日記ブログ管理ツール
よしひろのブログ
見なきゃ損なブログ
こう見えても、大工なんです。

岡田外相、普天間「5月までに結論」=米太平洋軍副司令官と会談(時事通信)

 【ホノルル時事】岡田克也外相は11日午後(日本時間12日午前)、ハワイの米太平洋軍司令部を訪問し、ダーネル副司令官と会談した。外相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「5月までに結論を出したい」との考えを伝えた。
 今年が日米安保条約改定から50年の節目の年であることに関し、外相は「日米安保体制を深化させていきたい」と表明。副司令官は「これまで50年間、日米安保は重要な役割を果たしてきたが、今後さらに発展させることが重要だ」と応じるとともに、海上自衛隊によるインド洋での給油活動などについて謝意を示した。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

ひろゆきのブログ
相模湾釣行記
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。